家庭用の水の宅配

ウォーターサーバーのデメリット

ウォーターサーバーの導入を家庭用として検討する際、メリットばかりに目がいってしまいます。重い水を宅配してくれるとか、美味しいとか色々有ります。導入するにあたってのデメリットも検討しておかなくてはなりません。
一番のデメリットはコスト面にあると思います。家庭用で使うお水としては、いくら宅配してくれたとしてもスーパーで購入してくるお水と比べて割高で有ると言う認識は否めません。健康志向の方や便利さを追求するのであれば良いのですが、そうじゃないとするならばウォーターサーバーを入れる意味が無いかもしれませんね。節約をしている人は宅配してくれる利便性を求めないで自分で運んでくるでしょうし、手間をかけたとしてもお湯は自分で沸かせば良いと思っている人も多いと思います。こうしたコスト面で多少デメリットが有ると思うのです。その他としては、場所を取ると言う事が挙げられます。ウォーターサーバーを設置する場所が必要になりますし、お水を保管しておく場所も必要になります。広い一軒家に住んでいるならば話は別ですが、狭いワンルームマンションであったら、そんな場所を確保する事自体が難しいですよね。荷物として水も場所を取る事になりますので邪魔になると言うデメリットが挙げられます。12リットルのボトルって結構大きいですので、それが2つも3つも家の中に有ると考えると結構スペースを取りますよね。こうしたデメリットがウォーターサーバーには有ると思いますので、よく検討してみてはいかがでしょうか。

 ウォーターサーバーのデメリット  »

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi